その他

【告白】ペテン師・佐村河内氏「TV出演拒否!」

投稿日:

【告白】ペテン師・佐村河内氏「TV出演拒否!」

佐村河内守 (さむらごうち まもる、1963年9月21日 – )は、広島県出身の人物。 中途失聴とされる聴覚障害がありながら『鬼武者』のゲーム音楽や「交響曲第1番《HIROSHIMA》」などを作曲した音楽家として脚光を浴びたが、2014年2月5日、自作としていた曲がゴーストライターの代作によるものと
111キロバイト (15,149 語) – 2018年11月25日 (日) 11:27

(出典 yuruneto.com)
動画は「【佐村河内守会見】記者『まだ手話が終わってませんよ』」の映像をUPしました🌸

1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2018/12/10(月) 07:21:49.82 ID:CAP_USER9.net

芸能週刊新潮 2018年12月13日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/12051659/?all=1

(出典 www.dailyshincho.jp)

佐村河内守氏

 2014年2月に発覚したゴーストライター騒動によって、現代のベートーヴェンから稀代のペテン師に転落した佐村河内守(55)。以降、表舞台にほとんど姿を現してこなかった彼が、週刊新潮のインタビューに応じた。

「ずっと家にこもっていました。民放をつければ僕が映っている。ヴァイオリンが映るだけでも嫌で、ひどいときは心臓がバクバクして、彼女(妻)も一時は僕と同じくらいでした」
と、佐村河内氏は騒動当時を振り返る。16年には氏を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』が公開されるなどの動きはあったものの、引きこもりがちに。依頼された作曲が“佐村河内だから”という理由でなくなるなどの憂き目にもあった。

「フジテレビから、地獄から復活した人スペシャルみたいな番組に出ませんか、という熱心なオファーをいただきましたが、僕自身まだ反省する時期だったので断念しました」

 そして、強調するのだ。
「地下に潜って書きたい。表に出るのは、もう二度とごめんです」

 そんな氏はザ・グレート・サスケ(49)という意外な人物の依頼を受け、曲を書いてもいる。先述の『FAKE』の配給会社を通じて知り合い、“サスケのテーマ”を制作したのだ。

 好きだと言ってくれる人が入れば、表には出ずにいいものを作っていきたい――。12月6日発売の週刊新潮で、佐村河内氏へのインタビューを掲載している。

続きを読む



-その他

執筆者:


関連記事

【悲報】秋元康プロデュース 『京都SUSHI劇場』わずか3ヶ月で休館 なぜこれで8460円も取れると思ってしまったのか

【悲報】秋元康プロデュース 『京都SUSHI劇場』わずか3ヶ月で休館 なぜこれで8460円も取れると思ってしまったのか 続きを読む

【悲報】「ドラクエビルダーズ2」、進行不能。

【悲報】「ドラクエビルダーズ2」、進行不能。 続きを読む

【悲報】ポケモンGOとかいうスマホゲー、怖すぎる

【悲報】ポケモンGOとかいうスマホゲー、怖すぎる 続きを読む

no image

2018年中日ドラゴンズで打線組んだ

2018年中日ドラゴンズで打線組んだ 1: 名無しさん@おーぷん 2018/12/24(月)13:41:35 ID:jCU 1(二)荒木引退2(中) 松坂効果で観客動員数大幅増加3(遊) ドラフト1位 …

no image

台湾の不動産屋OLの写真見ると妙にドキドキするの俺だけ? (※画像あり)

台湾の不動産屋OLの写真見ると妙にドキドキするの俺だけ? (※画像あり) 1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/09/27(水) 17:05:50.678 ID:ZYWtUbyp0 …