武士「やあやあ我こそは○○の○○が一子○○なりぃいいい!いざ尋常にぃいいい!」